葬儀場にはいくつか種類があります。式場の種類によって、行える葬儀の形式が変わり、費用も変わってきます。それぞれの特徴を抑え、自身で違いを知っておくようにしましょう。
まずは公営式場。自治体などの管轄にある公共の施設です。費用を抑えることができます。基本的にその地域の住民のみ利用することができます。
民営式場は、民間の葬儀社が所有する施設です。葬儀社を選んだ時点で、その業者の所有する式場で執り行うことになります。費用は公営の場合よりも高くなりますが、公営よりすいていることが多いようです。
宗教施設は、その宗教の本堂にあたる施設と、その宗教が管理している施設とがあります。宗教の信者であれば本堂に当たる施設を利用できる場合がほとんどです。寺院であれば檀家の葬儀を行います。
自治体の集合施設も、葬祭会館として利用できる場合があります。
自宅で行うこともできます。近年はあまり見られなくなりましたが、昔はどこも自宅でお葬式を行っていました。この場合、費用は抑えられますが、ある程度人が入れ、祭壇を設置できる広さがある家でないと難しいかもしれません。