ご親族が亡くなられたら、と考えることはありませんか。その時にならないと、なかなか考えられないのがほんとのところです。しかし、ご親族やご友人の葬儀に出られたことはあるかと思います。厳かな雰囲気のお葬式だった、少し和やかな雰囲気のお葬式だった、など、葬儀によってちょっと受けるイメージが違うようなお葬式に参列することもあったことと思います。故人の生き方に礼をつくしたお葬式をあげたいとお身内の方が思い、それに応えた形のお葬式をあげる方もいらっしゃると思います。また、故人が生前にお葬式についてこんな感じでと希望を残すこともあります。しかし、そのイメージを形にするには、葬儀社の力が必要になってきます。葬儀社は、お身内の方の希望を聞き、急なお葬式を礼を忘れずに行ってくれます。少し和やかな雰囲気の中でという要望でも、けして礼を忘れず、ご親戚同様に故人を送ってくれます。事前に相談も難しいですが、葬儀社は決めておいた方が、いざという時に困らずにすみます。一度は、ご家庭で話題にしてもいいと思います。