誰にでも、葬儀に参列する機会はあるものです。訃報はいつ訪れるかわかりませんので、当日慌てることがないように、葬儀の流れとマナーを知っておくのは大事なことです
まず、葬儀会場に着いたら、受付でお悔やみを述べ、香典を手渡して、記帳をします。会場によっては、このときに、返礼品を差し出されることがあります。焼香が始まるまでは、会場に用意された椅子に腰掛けて待ちます。
会葬者が多い場合は、焼香台の前に列ができますので、その列に並び順次前に進んでいき、自分の番になったら焼香を済ませて、元の席に戻ります。
焼香が終わりますとお別れの儀式があり、出棺となります。喪主の挨拶がすみますと、棺が乗せられた霊柩車が走り出しますが、その直前に車に向かって頭を下げ、合掌して冥福を祈ります。遺族に火葬場まで同行を勧められた場合は、指定された車に乗って火葬場に行っても構いません。