家族の誰かが亡くなったとき、喪中はがきを出すことによって故人の死去を知らせ、新年の挨拶を遠慮する旨を伝えましょう。
喪中はがきは、年賀状のやり取りはあるものの普段つきあいのない相手に対して、故人の亡くなった日と喪に服している事実を告げる役割があります。またすでに葬儀に参列していただいた相手であっても喪中はがきを出すのがマナーです。ただしごく近しい親戚などには省略してもかまいません。プライベートで付き合いのないビジネス関係の知人や法人相手には、喪中はがきを出さないケースの方が多くなっています。
喪中はがきはお正月に届くことのないよう、前年の11月頃に出すのが決まりです。年賀状の投函受け付けは12月の中ごろから始まりますので、それより前に出すことを忘れないでください。
はがきには派手な色は使わず薄墨やモノトーンで印刷し、文面には句読点を使わないようにします。喪中であることがわかる書き出しにして、続けて誰の喪に服しているのか、いつ亡くなったのかを明記しましょう。