弔電は、遠方にいる場合や、やむを得ぬ事情があってお通夜や告別式に直接伺えない場合に、お悔やみの気持ちを込めて送るメッセージです。
通信会社で提供していることが多く、電話から定型メッセージを選んで依頼することも可能です。字数が増えるにつれ、料金がかかります。弔電は突発的であることが多いので、時間との勝負になります。電子郵便に対応していれば、訃報を知ってからすぐに手続きすれば、翌日の午前中までに送れますので、年末年始や通夜と告別式を同時に行う際にも間に合わせられます。台紙を選び、葬祭場で許可が出るようでしたら、花や線香などの供物を一緒に送ることもできます。
告別式まで2日程度余裕がある場合は、電報サービスの業者に依頼することもできます。多くはインターネットサイトから、設置されているエディタや申し込みフォームを利用して、弔電のメッセージの作成ができます。通信会社と比べ、定額制で一定以内の金額で字数が決まっていることがあり、場合によっては料金が安くなる場合があります。台紙選びや供物に関しても同様に弔電とともに送付できる所が多いです。