葬儀の日程を決める時に重要になってくるのが友引だと思います。
友引の日に葬儀を行なうと友人も連れて行ってしまうと言われるためであり、これは友引の日が友を凶事に引くという意味であるためです。
そういうことから葬儀は友引の日を避けるようになりまして、火葬場も基本的に友引の日を休館日にしていることが多いのです。

多くの火葬場は友引の日を休みにしていますので葬儀を行なうことはせずに別の日取りにしています。
葬儀を終えた後に火葬場に行き骨上げといった流れになりますので、これらが営業しているかどうかも日程を決める時の大事な要素となってきます。
そういうこともありまして正月やそれ以前に亡くなられた場合であっても火葬場は正月三が日は休業しているため年末年始にどうしても行わないといけない場合は三が日があけてから行なわれます。

亡くなられた後24時間経過しないと火葬できないといった決まりもありますから、それも考慮しまして日程を決めていきます。

では、通夜や告別式といった葬儀はどのような時間の流れになっているか説明します。

通夜はまず親族が集合して式場に入場して僧侶に入場してもらい開式となります。
それから焼香が始まり僧侶のご法話などがありまして閉式となり通夜振る舞いを行なってから解散となります。
一番初めの親族の集合から解散までは約3時間となります。
場合によって通夜振る舞いが数時間かかる場合もありますが一般的に1時間から2時間で解散となります。

告別式の場合ですが朝の9時程に親族が集合して10時に告別式が開式となります。
参列者の焼香が終わり告別式が閉式となり出棺準備から挨拶を行ない火葬場に出発するまで約1時間ほどになりまして、火葬から収骨するまでがさらに約1時間となります。
こちらも通夜と同様に約3時間ほどの流れとなっています。

人数や葬儀の規模によって時間の流れは多少前後してきますが、それほど時間は掛かりません。
遺族の方だと開式される前に集合されるので長くなりますが、参列者の場合だと実質2時間ほどになります。

<PR>英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 住宅リフォーム総合情報 / 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / クレジットカードの即日発行じゃけん / JALカード / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / ショッピングカート / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集